カマルク特定技術研究所株式会社

スマートセンシング展2018にCLOUDSHIPとRealBoardを出展します

東京ビッグサイト東ホールにて開催されます「スマートセンシング2018」に出展致します。

 会場:東京ビッグサイト東4,5ホール
 小間番号 : 5B-02
 <出展概要はこちら>
 カマルク特定技術研究所株式会社の出展内容

今回の展示では、IoTクラウドサービスを簡単にクラウドやプライベートな仮想環境上に構築できる、IoTサービス構築用ソフトウェア「CLOUDSHIP」とCLOUDSHIPの時系列データやNodeRedで作成したデータを簡単に可視化できるUI構築ソフトウェアの「RealBoard」を展示致します。

今回の展示概要

CLOUDSHIPの活用事例


CLOUDSHIPの展示では、
IoTを活用したシステムには、時系列データベースが不可欠な理由をご説明し、その大量のセンシングデータや制御データを管理する時系列データ基盤ソフトウェアである「CLOUDSHIP」をご紹介します。圧倒的な時系列データの取扱パフォーマンスをご体感いただけます。
また、実際にCLOUDSHIPを活用して構築されたIoTサービスや製品を展示致します。

RealBoardの展示では、
”見える化2.0”の世界観を明示し、タダ単にデータが見えるだけではその要件を満たせない理由を解き明かします。
 そのデータは、過去未来を通して「永続的なデータソースとして管理」されているのか?
 現場が超高速&リアルタイムにドコでも見えるのか?
 現場のエンジニアが使いやすいUI/UXで実現されているのか?
 現場が見たいデータが出てきたときに、即座に開発不要で対応できるのか?
といった、次世代の見える化についてご覧頂けます。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top