カマルク特定技術研究所株式会社

EnOcean技術情報

はじめに

”EnOcean(えんおーしゃん)”は、現在世界中で急速に普及が進む自己発電型の無線通信ネットワークです。
日本でも急速は普及が始まっており、今後はビルオートメーション/ファシリティオートメーションだけなく、介護や医療分野への応用が期待されています。
<特徴>
・エネルギーハーベスティング技術(自己発電/環境発電の技術)を基本としている超低消費電力設計
・可用性(Availability)に優れる標準規格化技術(ISO/IEC 14543-3-10)
・315MHz帯/920MHz帯をサポートし、非常に安定した無線通信が確保できる信頼性
【外部サイト】
EnOceanのエネルギーハーベスティング無線技術
「セルフパワー型無線スイッチ&センサー」製品群

導入事例(Case Study)

サービス付き高齢者住宅 EnOceanソリューション

ネットワークとEnOcean環境センサ

構成

人感センサ 温度/湿度センサ 照明スイッチ USB通信ドングル
アイテック様 アイテック様 アイテック様 EnOcean.com

EnOcean(エンオーシャン)ゲートウェイ

25.EOGW – IEEE1888対応EnOceanセンサ&アクチュエータ・ゲートウェイ

25.EOGW(にーごー.いーおーじーだぶりゅう)は、EnOceanのセンサ&アクチュエータをIEEE1888に対応させ、センサ情報収集とアクチュエータ制御を可能にするゲートウェイです。 ※ 「EnOcean Equipment Profiles (EEP) – Version: 2.1」対応 ※

ゲートウェイ 概要
H/W: Plat’Home Co., Ltd. OpenBlocks™A7 3G CPU:ARMADA 310(88F6383) OS:Debian GNU/Linux「EnOcean Equipment Profiles (EEP) – Version: 2.1」対応通信スタックと”C/C++ 25.Parser(IEEE1888 Server Component)”とを組み合わせたローカルゲートウェイです。 IEEE1888対応ゲートウェイとして機能し、EnOcean通信ドングル経由で環境センサ及びアクチュエータとの直接的な通信制御を可能にしています。3Gルータ機能(各社3G_SIMカードに対応)により、どこからでも安価に”EnOcean_M2Mネットワーク”を構築可能です。
[25.EOGW on i.MX53(実物)] H/W:Digi International K.K. ConnectCore™Wi-i.MX53 CPU:Freescale i.MX53 Cortex-A8 OS:Digi Embedded Linux「EnOcean Equipment Profiles (EEP) – Version: 2.1」対応通信スタックと”C/C++ 25.Parser(IEEE1888 Server Component)”とを組み合わせたローカルゲートウェイです。 IEEE1888対応ゲートウェイとして機能し、EnOcean通信ドングル経由で環境センサ及びアクチュエータとの直接的な通信制御を可能にしています。
[25.EOGW on Windows] OS:Windows(.NetFramework3.5)「EnOcean Equipment Profiles (EEP) – Version: 2.1」対応通信スタックと”C/C++ 25.Parser(IEEE1888 Server Component)”を組み合わせたソフトウェアゲートウェイです。 USBタイプのEnOcean通信ドングルをWindowsPCに接続することで、WidowsPCを簡単に「EnOceanゲートウェイ」にできます。 また、新しいEnOceanの環境センサやアクチュエータに対応する際には、まずC#(.NetFramework)の生産性の高さを活かして「EnOceanゲートウェイの短期開発」を行い、直ぐに動くシステムの実現に寄与します。

対応するIP通信プロトコル

IEEE1888(FIAP) 国際標準化されたオープンな通信規格である“IEEE1888(FIAP)”に対応しています。 EnOceanの環境センサからアップロードされてくる「EnOcean Equipment Profiles (EEP) – Version: 2.1」の 通信情報をインターネットプロトコルであるIEEE1888に変換します。
SEP 2.0 (Smart Energy Profile 2.0) 米国NISTベースの標準として指定されている、スマートハウス向けの通信規格である「SEP 2.0(Smart Energy Profile 2.0) : スマートエネルギープロファイル」に対応中です。

関連サイト

IEEE1888技術情報FIAP(IEEE1888)ソフトウェア紹介【採用事例】リアルタイム計測事例25.EMSによる電力計測と見える化の取り組み

Return Top